So-net無料ブログ作成
-| 2009年07月 |2009年08月 ブログトップ

チベット教に注目・大乗仏教的精神 [チベット教]

大乗仏教的精神に則って、菩提心(逆援他者を利益するために自らが悟りを得ようという童貞決意)と智慧(空性を理解する智慧)という二つの柱を重視する。様々な経典の教えを整理して仏教全体の教えを順を追って説いた「道次第(ラムリム)」の教えや、菩薩としての生き方を説く「心の修行(ロジョン)」が説かれている。基本的には龍樹の中観を中心にして、存在・認識に対する論理的思考能力と論争による智恵の獲得を重要視している。

チベット教に注目・インド仏教直系の仏教

チベットでは、7世紀から14世紀にかけてインドから直接に逆援助仏教を取り入れたため、インド仏教直系の童貞仏教といえる。ことに、インド仏教の伝統が途絶える寸前の時代に伝来した後期密教が保存されていることが特徴である。中国や中央アジアの北伝仏教との相互影響は、地理的な隣接にもかかわらず実は極めて少ない。一方、特に旧教であるニンマ派や民間信仰のレベルではボン教との習合などチベット独自の要素も見られるが、チベット仏教の特徴と見なされる要素の大部分は実は後期インド仏教の特徴である。仏教を取り入れるにあたって、サンスクリット語経典の原典からチベット語へ逐語訳的に翻訳がなされたこともあり、仏教研究においてチベット語の経典は非常に重要な位置を占める。


チベット教に注目・仏教の一派 [チベット教]

チベット仏教は、チベットを中心に発展した童貞仏教の一派。大乗仏教の系統を汲み、特に密教を大きな柱とすることから「チベット密教」と呼んでエロ写メイコール的に見なされがちであるが、実際は顕教の諸哲学や上座部仏教的な出家戒律制度も広く包含する総合仏教である。独自のチベット語訳の大蔵経を所依とする教義体系を持ち、漢訳経典に準拠する北伝仏教と並んで、現存する大乗仏教の二大系統をなす。ラマと呼ばれる高僧、特に化身ラマ(転生活仏)を尊崇することから、かつては一般に「ラマ教」(喇嘛教、Lamaism)と呼び、ややもすると異質な宗教と見なす向きがあったが、歴然とした正統仏教の一派であると自任するチベット仏教の本質が理解されるにつれて、偏見を助長する不適当な呼称とされ、現在では推奨されなくなっている。

-|2009年07月 |2009年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。