So-net無料ブログ作成

チベット教に注目・大乗仏教的精神 [チベット教]

大乗仏教的精神に則って、菩提心(逆援他者を利益するために自らが悟りを得ようという童貞決意)と智慧(空性を理解する智慧)という二つの柱を重視する。様々な経典の教えを整理して仏教全体の教えを順を追って説いた「道次第(ラムリム)」の教えや、菩薩としての生き方を説く「心の修行(ロジョン)」が説かれている。基本的には龍樹の中観を中心にして、存在・認識に対する論理的思考能力と論争による智恵の獲得を重要視している。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。